統合失調症 症状 話し方

統合失調症の症状、原因と話し方などの対応策

スポンサーリンク

統合失調症は、幻覚や妄想が主な症状として表れる精神疾患です。
例えば「他人が自分を襲おうとしている」「自分が後ろから尾行されている」などと自分の中で被害妄想を膨らませてしまうことがあります。
幻覚や妄想の症状が強くなった場合、ニヤニヤして一人言を発するなど話し方にも影響が出るため、日常生活に大きな支障を来す場合も多いです。
十分な調査はなされていないですが、日本人の100人に1人がなると推測されている頻度が高い病気で、決して珍しいものではありません。
医療機関などで受診を行い、現段階で明らかになっている患者だけでなく、潜在的な患者も含めると人数は増えると予想されています。
かつては精神分裂病とも言われていましたが、近年、統合失調症に名称が変更されました。
患者として多く見られるのが、思春期から青年期を迎える10代後半から30歳代で、中学生以下の発症は少なく、40歳以降に徐々に減少しはじめます。
発症の男女差は極めて少ないが、最近の調査では、男1.4対女1で、男性の方が多い傾向にあります。

スポンサーリンク

統合失調症の原因は、今のところ明らかになっていませんが、人生の転機、例えば進学・就職・独立・結婚などで環境が変わったことが発症の原因になることがあります。
遺伝で伝播する可能性もあると言われていますが、明らかなものはなく研究はまだ進んでいません。
治療方法としては外来と入院の場合があり、基本は外来治療になりますが、幻覚・妄想などで話し方も独り言が多いなど、日常生活が送れないなど、症状が強く入院の場合は休養の意味合いもあり治療にプラスとなる可能性もあります。
いずれの場合も薬物治療とリハビリなどを並行しながら進める形で、組み合わせることで相乗的な効果が生まれることがあります。
患者さんの状況により適切な薬物を選択し投薬。
投薬では、精神症状の改善だけで無く、クスリにより幻覚などが抑えられ再発予防の意味合いもあります。
リハビリでは、幻覚・妄想によって患者の話し方に影響が出るなど、社会での生活に影響が生じるため、心理教育や生活技能訓練、作業療法などさまざまな手法が取り入れられています。

スポンサーリンク