統合失調症 特徴 大人

大人が統合失調症を患った場合の特徴と治療の心得について

スポンサーリンク

精神疾患の一種である統合失調症は幻覚や幻聴が生じるのが特徴です。
幻覚や幻聴は非現実的な内容であっても患者本人は事実と認識してしまうため、症状が進むと被害妄想に発展して社会生活を営むのが困難になってしまいます。
統合失調症が重篤化すると特定の相手から暴力や嫌がらせを受けている妄想を抱くようになり、自傷行為に至るケースもあるので速やかに治療を受けさせることが大切です。
その一方で精神疾患に対する偏見は現在でも根強く残っているため、他者に知られるのを避けようとして治療が遅れてしまうことがあるので注意が必要です。
統合失調症は年齢や性別を問わず誰でも発症する可能性がありますが、大人の場合は過度の疲労やストレスが発症の引き金になるケースが多数を占めます。
また、仕事上での出世や出産など、ポジティブなイメージが強い事柄が発症の原因になってしまう可能性があるのも統合失調症の特徴なので毎日の生活の中で日頃から気を配ることが求められます。

スポンサーリンク

大人が統合失調症を患った場合、当初は軽度の物忘れが見られるようになります。
そのため、加齢による記憶力の低下と誤解してしまうことが多く、特に高齢者は認知症と見做されてしまい、適切な治療が遅れてしまうケースもあります。
また、症状が進んで幻覚や幻聴が生じるようになっても本人は自覚できないため、親族や友人など親しい他者が異常に速やかに気が付く必要があります。
その一方で本人が統合失調症であることを認めないことが多いのも大人の患者に多く見られる特徴なので、精神疾患に対する正しい認識を持つことが重要になります。
精神疾患は適切な治療を受けることで症状が改善する病気なので、患者や近親者は偏見や迷信に囚われないことが大切です。
また、発症の原因を特定することが早期の回復に繋がることから日頃から健康状態に気を配り、心身の状態を良好に保つように努めることが異常が生じてもすぐに適切な対処を取ることが出来る下地になります。

スポンサーリンク