統合失調症 原因 親 何故

統合失調症は何故親が原因として見られるのか

スポンサーリンク

統合失調症は、よく親の育て方が悪かったとか、家庭環境の影響などと思われてしまいます。
実際にそういった原因もよくあるので、統合失調症も同じように親が疑われてしまいます。
しかし、本当の原因は詳しく判明していなくても、本人のストレス耐性が大きく関わっているというのが挙げられます。
そのために、直接的な遺伝や育て方が必ずしも原因を作っているのではありません。
しかし、何故ここまで根強く疑われてしまうのでしょうか。
子供の性格は、遺伝と家庭環境でほぼ決まってくると言われています。
この2点を偏った見方から結び付けてしまうので、そう思われてしまうのでしょう。
何故かこのような偏見が一部ではあり、間違った知識で勘違いされてしまう場合も少なくないです。
統合失調症の人は親を悪く言われてしまったり、親本人も何故か偏見を持たれてしまう残念な事態もあります。
これらが起こってしまう原因は、ずばり統合失調症への知識がないために、人を知らず知らずに傷つけてしまうのです。

スポンサーリンク

ただし、例外として親が統合失調症を受け入れようとはせず、症状を悪化させてしまうこともありえます。
症状に苦しむ本人にとって、信頼できるはずの家族がなかなか認めようとしなければ、本人の悩みがさらに増えてしまいます。
また、子供のストレスを作ってしまう立場にもなりかねないので、その関係が問われてきます。
このため、場合によっては全く関係ないとは言えず、良いようにも悪いようにも左右されてしまいます。
ただし、直接的な原因ではないことは確かで、偏見を持つ人に対しては毅然とした態度で応じなければいけません。
そこに医学的な根拠は一切なく、柔軟な知識を持っていないために差別をしてしまっているだけです。
統合失調症を始めとする精神疾患は、親や家庭環境を問題視する人は多いです。
全てがそうではなく、その理由をまずは知らなければいけません。
遺伝にしてもその確率は極めて低く、遺伝性の疑いが全くない人でも発症する人はいます。
何故そう思われてしまうのかをあまり考えすぎず、偏見を容易に受け入れないように対処していくのが一番です。

スポンサーリンク