統合失調症 接し方 職場

統合失調症の新人が職場にやってきた時の接し方について

スポンサーリンク

統合失調症の患者と同じ職場で働くことになったら、どのような接し方をすればいいのでしょうか。
まず、その場合には、この病気がどのような病気であるのかを勉強しましょう。
インターネットで調べたり、書籍を利用してその症状などを知っておくことが大切です。
統合失調症の患者は、気力や忍耐力が弱いことが多いので、精神的なストレスをなるべく与えない接し方を心がけましょう。
できれば、手順の決まっている仕事をマイペースでさせてあげるのがいいでしょう。
対人関係のストレスなどもあまり感じなくてすむように気を配ってあげるといいですね。
精神的な病気を患っている人なのですから、できるだけ優しく接してあげるのがいいでしょう。
新人であっても、使いっ走りのような仕事はあまりさせない方がいいかもしれません。
この病気の人は、そうしたちょっとしたことであっても、悩み続けることが多いからです。
職場での接し方は難しいかもしれませんが、なるべくストレスを軽減してあげることによって、素晴らしい働きをしてくれることもあります。

スポンサーリンク

統合失調症の人が職場にいる場合は、あまり電話などを取らせない方がいいかもしれません。
もちろん、健常者とまったく変わらないほどに元気なのであれば、電話対応もできるでしょう。
しかし何かまだ症状を持っている場合は、対人的な緊張がある電話対応の仕事には向きません。
統合失調症の患者は、大体人間関係が苦手な場合が多いので、職場の雰囲気はアットホームな方がいいですね。
もし、仕事の途中でぼんやりしていても、あまり責めないようにしましょう。
とにかく少しづつできることから仕事を覚えていくようにさせてあげてください。
簡単な仕事であっても、上手にできたら褒めてあげるのもいい方法です。
本人も次第に仕事に対して意欲的になれて、よい結果を出すことができるようになるでしょう。
元気に見える人であっても、この病気の人は悩みやすい傾向がありますから、なるべくストレスを与えないように注意するのがおすすめです。
職場の人が、よく気にかけてあげるといいですね。

スポンサーリンク