仄めかし 統合失調症

統合失調症を仄めかしている場合の対処法

スポンサーリンク

統合失調症はあまり知られていない病気です。
実際は100人に1人がなるといわれている病気です。
精神科医やこの病気の関係者にとっては、うつ病と同じくらい認知度の高い病気なのです。
うつ病と同じで治りにくいと思われがちだったりしますが、そんなことはありません。
うつ病もこの病気も、早期発見して早く社会復帰できるようにするのが好ましいです。
早期発見という言葉を精神疾患に使うのを聞いたことがない方が多いかもしれません。
統合失調症の場合は、長い間放置していると後遺症が残りやすくなるといわれています。
早期発見したほうがこの病気は治りやすいのです。
病気を仄めかしている部分をいち早く見つけることが1番大事です。
妄想や幻覚などがあらわれている場合は、早く診断したほうがいいです。
また、妄想や幻覚などの症状があらわれていなくても、病気を仄めかしているなら早く診断したほうがいいかもしれません。
この病気は、症状が一気に出てくるわけではないのです。
また、10代から20代までが1番統合失調症が発症しやすい時期です。
早く発見することができれば、早い時期に治すことができます。
発症する年齢が早い傾向もあるので、後遺症が残らないためにも病気を仄めかしている場合には早めの診断が必要でしょう。

スポンサーリンク

統合失調症の症状は大きくふたつにわかれています。
陽性症状と陰性症状がありますが、うつ病とよく間違われているのが陰性症状です。
陰性症状は気分が落ち込んだり、気持ちを塞ぎこんでしまう症状です。
自閉症に似た症状をもっていますが、うつ病とは違います。
うつ病の場合はしばらく仕事に行けなくなったりして社会生活するのが困難になります。
統合失調症は仕事に行けたりなど、普段の生活はできますが気分が長い間落ち込んだりしてしまいます。
そのため、気づかれにくかったりするのがこの病気です。
仕事には行けているけれど、気分が落ち込むのが長い間続くようであれば早いうちに診てもらいましょう。
陽性症状は幻覚や妄想などの目立った症状のことです。
精神疾患では、妄想や幻覚があるのはこの病気だけではありません。
この病気は妄想や幻覚のほかに、幻聴などもあります。
いろんな症状が集まったのがこの病気なのです。
だから、少しでも病気を仄めかしていたら、早めの診断が必要です。

スポンサーリンク