統合失調症 独り言 うるさい

統合失調症のためにうるさいほど独り言が出てくる場合もある

スポンサーリンク

統合失調症になると、何度も独り言を言っていたりすることがあります。
その多くは、幻聴と会話をしているのです。
妄想や幻覚、幻聴はこの病気の定番的な症状であるからです。
もし、誰もいないのに会話するような独り言を続けていたり、ニヤニヤ笑いながら話しつづけていたりする場合は、注意が必要です。
また、暴力的な言葉をよく独り言で話していたり、一日のほとんどを一人で喋っていたりするなら、統合失調症の初期症状である場合もあります。
とにかく、最近何だかおかしい、と感じるなら、精神科医に相談してみるのがいいかもしれません。
うるさいぐらいに独り言が多いなら、何らかの精神病である可能性があります。
一人暮らしなどをしていると自然に一人で喋ってしまうこともありますが、病的な場合は注意が必要です。
うるさいぐらいに叫んだり、暴れたりしてしまう場合も同様です。
本人は病識がないこともありますが、早いうちに精神科の診察を受けさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

統合失調症でなくても、もちろん独り言を言ってしまう人はいます。
周囲の人は、その様子を見て驚いてしまうこともあるようです。
実は、誰もいない場合に一人で喋ることは、精神を落ち着かせるのに最適なのだといいます。
シーンとした空間にずっといたりすると、何となく寂しくなって一人で喋ってしまうこともあります。
実は、試験勉強などをする時にも、暗記したい単語などを何度も口に出すことで覚えようとする人がいます。
暗記力をアップさせるためには、一人で何度もその単語を繰り返し発声するのが効果があるからです。
健康を維持するためにも、一人で喋ることが必要な場合もあります。
うるさいぐらいに一人で喋ることで、精神的なストレスなどが解消されることもあります。
一人で暮らしていれば、自然と自分と会話をする癖がつくこともあります。
それによって、脳などの働きを活発にすることもできるようですね。
ただし、どう見ても病的な感じがする独り言の場合は、よく注意して観察するのがおすすめです。

スポンサーリンク