統合失調症 兄弟 面倒

統合失調症の兄弟がいて面倒を見なければならない場合には

スポンサーリンク

統合失調症の患者が兄弟にいる場合は、悩んでしまうことが多いでしょう。
特に、二人兄弟の場合は、両親が他界してしまうと兄弟が一人でその面倒を見なければならなくなることがあります。
ひどい妄想や幻聴などがなく、症状が落ち着いていて穏やかな性格であれば、あまり問題にはなりません。
大変なのは、まだ症状が酷くて暴言や暴力などがなくならない場合でしょう。
統合失調症の人の面倒を見るのは疲れることも多いので、当時者になるとどうしていいかわからなくなることもよくあります。
しかし、希望を捨てないのがおすすめです。
最近は、医学の進歩により、症状がよくなる人も増えています。
今は、暗黒の中にいるような状態であっても、ずっとそこから抜けられないということは少ないでしょう。
信頼できるお医者さんにかかって、いろいろと悩みを聞いてもらったりすることでも、だいぶ本人の状態は落ち着きます。
たとえば、あなたの弟さんや妹さんがこの病気であれば、あなたは強い味方の一人になってあげることもできるでしょう。

スポンサーリンク

統合失調症の兄弟の面倒を見なければならないのではないか、とまだ両親が健在な時から悩んでしまう人もいます。
しかし、あまり将来を心配しないで、希望を持って明るい心でいることをおすすめします。
なぜなら、悩むことによって潜在意識にそのことが刷り込まれ、よい結果をもたらさないからです。
むしろ、「絶対に病気は治るはずだ」という考えを持ち、本人にもそう思わせてあげましょう。
心に明るい希望を持てるかどうかが、この病気が治るかどうかの明暗を分けるといっても過言ではありません。
「もう、一生治らない」と思い込んでしまうと、ずっと落ち込み続けて症状が悪くなってしまうこともあるので要注意です。
ずっと悪い状態が続いていても、「きっと、病気はよくなる」と考えることができるなら、周囲の人にも優しく穏やかな心でいられます。
そうしたことが、精神的なストレスを軽減しますから、症状が良くなってくる原因にもなります。
どんな人生のどん底にあっても、自分の人生を信頼して希望を持ち続けることで、必ず明るい運命が舞い込んでくるでしょう。

スポンサーリンク