統合失調症 うつる

統合失調症はうつる病気か

スポンサーリンク

従来より体の病気よりもわかりづらいという面もあって、心の病気というものは、何かと誤解を受けやすいものでありましたが、その中で「統合失調症」のような心の病気が、他の人にうつるのではないかというものがあります。
 確かにこの「統合失調症」自体が、世間では深く認知されていないものですので、そういった誤解が生まれてしまうのは、ある意味で仕方がない事なのかもしれませんが、結論から言いますと、「統合失調症」がうつるという事はありません。
 この「統合失調症」という病気は、笑いや怒りといった感情をはじめ、思考や行動を目的に沿ってまとめていく能力が、長期間に渡って欠如し、そのために厳格や妄想といった症状を発祥させてしまう病気です。
 そのためにその意思や行動にまとまりがなくなってしまい、同時に感情を理性でうまくコントロールできなくなってしまうために、周囲から見ればかなり奇異な言動等をしてしまうのです。
 このようなものなので、周囲からは当然に誤解を受けてしまうのです。

スポンサーリンク

 いくら今の時代は、「心の時代」とは言いましても、一般の人々の全てが、心の病気というものに、完全に理解を示しているわけではありません。
 そのためにこうした「統合失調症」のように、その行動や感情をうまくコントロールできない奇異な人が現れて、それを目の当たりにすれば、やはりそういうものは、うつるのではないかと危惧してしまうのも、ある意味では仕方がない事なのです。
 実際にそうした心の病気が、周囲に感染するものであると信じられ、今では考えられないような人権侵害が行われていた時代もあったのです。
 しかしこうした誤解は、そうした心の病気というものに対する、周囲の正しい理解があれば、そうした誤解を避ける事ができるのです。
 今の時代はネットの時代ですし、特段の環境等で勉強をしなくても、こうした心の病気に関する知識を仕入れる事は、そう難しい事ではありません。
 ですから今の時代、一般の人達がこうしたものに対して、十分な理解を持って、こうした偏見や差別をなくすべきなのです。

スポンサーリンク