知的障害 統合失調症 併発

統合失調症と知的障害が併発するケースと対処法について

スポンサーリンク

統合失調症は精神疾患の一種で、患者は幻覚や幻聴などの症状に見舞われることにより他者との正常な交流が難しくなる特徴があります。
また、被害妄想が生じて自傷行為や他者への暴力などを引き起こすケースもあることから、速やかに適切な治療を受ける必要があります。
その一方で統合失調症は初期のうちは物忘れや認知症の症状と似ているため、特に高齢者の場合は治療が遅れてしまう傾向があります。
また、統合失調症の症状が進むことで脳の情報処理や理解力が低下して知的障害を併発するケースがあることから、医療機関での入念な検査が重要になります。
生まれつき知的障害を持っている人が統合失調症を併発するケースもありますが、異常な状況を第三者に提示することが出来ないので近親者が気づきにくい問題があります。
医療面以外にも精神疾患や知的障害に対する偏見や誤った認識が適切な治療を阻害するケースもあるので、疾患に対する正しい知識を持つことが大切です。

スポンサーリンク

統合失調症が知的障害を併発することにより、患者の生活には大きな支障が及ぶことになります。
症状が重篤化すると自力での歩行が困難になるケースもあるので治療が必須ですが、その一方で他の二つの疾患に対する根本的な解決法が無いので治療には時間がかかる点を注意する必要があります。
精神疾患は発症の原因によって適切な治療の方法が異なりますが、知的障害を併発していると原因の特定が困難になってしまう問題があります。
また、知的障害は医療的な意味での回復は望めないことから、症状の進行を遅らせる対症療法が中心になります。
統合失調症は日常生活の中での過剰なストレスや疲労が発症に繋がることが多いので、自身の生活を見直し、健康状態を良好に保つように努めることがトラブル回避に繋がります。
精神疾患は年齢や性別を問わず、誰でも発症する可能性があるので正しい知識を持ち、異常が生じたら速やかに適切な治療を受けるように心がけることが大切です。

スポンサーリンク