統合失調症 イライラ 対処法

統合失調症の患者がイライラしている時の対処法とは

スポンサーリンク

統合失調症の症状として、絶えずイライラしてしまうというものがあります。
その原因として、妄想や幻聴が関係していることもあります。
たとえば、本人の頭の中では、あなたに対して「こいつは敵だ」といった言葉が飛び交っているかもしれないのです。
陰性症状が見られる場合は、ひどく落ち込んでいるかと思うと、急にイライラしていることもあるようです。
もし、理不尽な怒りをぶつけられたりしても、対処法としてはソッとしておくしかないでしょう。
なるべく本人を刺激しないように注意しておくしかありません。
統合失調症の人は、自分の人生が上手くいかないことを他人のせいにしてしまう面も持っています。
あなたがその家族であれば、そのことであなたを責めることがあるかもしれません。
患者が攻撃的な態度を取ってきても、あなたは冷静に対処することが大切です。
主治医から薬を処方してもらうことで、そうした症状が落ち着くこともあります。
また、誤解を受けているようなら、きちんと本人と話をすることでも改善してくることもあります。

スポンサーリンク

統合失調症の人は、他人を責めることもありますが、病気になってしまったことを悔いて自分を責め続けていることもあります。
そのことで、本人がイライラしているようなら、「誰のせいでもないのだ」ということを教えてあげましょう。
実際のところ、この病気は100人に1人が発症するといわれており、どんな人でもなる可能性があります。
最近では、医療技術も進んで次第に治る病気となってきていますから、きちんとした投薬治療などを続ければ、社会に出て働けるようになることも多いのです。
ですから、統合失調症の人がイライラしている時の対処法として、「多くの患者さんが社会復帰をしている」ことを話してあげるのもいいでしょう。
一人で将来を悲観して泣いたりしている場合も、その対処法として、きっと症状はよくなるはずだということを伝えてあげるのが有効です。
希望を持てる話をしてあげることで、患者の気持ちは次第に落ち着いてくるはずです。
意味のないイライラで暴力をふるうのが止まらないような時には、速やかに主治医に相談してみるのをおすすめします。

スポンサーリンク