統合失調症 兄弟 結婚

結婚相手の身内に統合失調症の兄弟がいることを説明する場合

スポンサーリンク

兄弟が統合失調症である場合、結婚予定の相手には結婚する前にさりげなく伝えられるのが一般的な常識になってきます。
相手の親などの身内が理解がなかったりと兄弟が統合失調であることを理由に結婚を反対されるかもしれないと心配しているなら、誤解されないようにわかりやすく説明してみるのも相手側の親族を説得しやすくなってくれます。
自分自身の兄弟が統合失調症であっても、本人が一人暮らしをしていたりと症状も介護が必要なレベルではない時はそのままの状況を話してみると相手の親族の不安も和らげやすいです。
結婚後もこちらに直接、影響が出にくかったりと結婚生活に支障をきたさない可能性が高い際は、相手の身内にも申告に受け取られにくいです。
婚約中の相手ともどのタイミングで統合失調症を患っている兄弟がいることを話すべきかを相談してみるのがベストです。
早めに打ち明けることを検討してみるのも大事ですが、信用度も高くなったりと受け入れてもらいやすくなります。

スポンサーリンク

結婚する相手にも統合失調症の兄弟がいることを承知した上で交際している場合だと、相手側の親の障害や病気への考え方などの価値観も探ってみるのも参考になってくれます。
仮に反対されても何度か話し合いをする場所を設けたりと説得を続けてみるのもできることですが、最終的に許してもらえる日が来る確率も高まります。
現在、統合失調症の兄弟を実家の両親が世話してくれていたりと別に暮らしている状態になってくると、万が一の場面を想定しておくと安心です。
実家の両親が面倒を見れなくなってしまったなどのシチュエーションに遭遇した際も施設などの受け入れ先を確認したりと選択肢を用意しておくのも必要不可欠ですが、慌てずに対応できます。
症状が安定してきているのであれば、いい方向に向かうことも少なくないです。
専門の窓口に問い合わせてみるのもいいアドバイスをしてもらいやすいですが、困ったタイミングでの対処法や解決策も見つけやすくなります。

スポンサーリンク