統合失調症 結婚できない

統合失調症で結婚できないと考えている場合

スポンサーリンク

現在、統合失調症を患っている場合、治療に専念することが望ましいですが、家族や友人などに打ち明けたりと周囲にサポートしてもらえる環境作りも大事です。
仕事や学校も無理の無い程度で検討してみるのがもっともでもあります。
働けない状況だと、社会的なサポートを受けることを視野にいれてみるのも一つの方法です。
将来的には普通に恋愛や結婚することを希望しているなら、まずは統合失調症の治療を頑張ったりと社会復帰を目指すのが現実的になってくるところです。
好きな人や恋人がいても統合失調症が原因で結婚できないと悩んでいる際は、症状がよくなるまで待ってもらうのもありです。
必ずしも病気があるとすぐ結婚できないわけではなく、理解のある人に巡り会えると恋愛や結婚をすることも難しくなくなってくるケースもあり得ます。
相手次第ではお互いに助け合ったりしながら順調に結婚生活を送っていくことも可能ですが、結婚相手の親族にも病気についてしっかりと説明をしたりとわかってもらう努力をするのが理想的です。

スポンサーリンク

今は特定の恋人がいなくても、ずっと結婚できないという不安を抱いているのであれば、時間はかかってもこちらのことを受け入れてくれる異性に出会える可能性はあります。
病気以外の個性や魅力を持っていることがほとんどなので、積極的に異性との出会いを求めてみるのもいいきっかけを作りやすいですが、好きになった相手に正しい病気に関する知識などの情報を身に付けてもらうのも大切になってきます。
他人と自分のことを比べすぎないのも必要不可欠ですが、固定観念を強く持ち過ぎなかったりと前向きに治療や恋愛にも取り組んでみるのがふさわしいです。
病気とも徐々に上手に付き合えることを目標としてみるのも結婚や恋愛を実現するチャンスも見つけやすくなってくれます。
結婚したら子供が欲しいと望んでいる際には、主治医にも話したりときちんとアドバイスしてもらうのもいいですが、悲観的になりすぎないことで精神的なプレッシャーも大きくなりにくいです。

スポンサーリンク