統合失調症 人格 荒廃

統合失調症による人格の荒廃と対処の心得について

スポンサーリンク

統合失調症はかつては精神分裂病と称されたこともある精神疾患の一種で、日常生活の中で発症する可能性が高いのが特徴です。
統合失調症は幻覚や幻聴などの症状に見舞われるのが特徴で、症状が進むと他者との交流に大きな支障をきたしたり自傷行為を繰り返す可能性があるので注意が必要です。
また、発症した初期のうちは物忘れや記憶があいまいになる症状が多く、特に高齢者の場合は認知症と誤解するケースも多いので治療が遅れてしまうことがあります。
精神疾患に対する偏見や迷信も適切な治療を阻害する原因なので、正しい知識を持つことが状態を改善させるための条件になります。
統合失調症を患うと本人にだけ感じられる幻覚や幻聴が頻発するようになるので、患者によっては人格に大きな変化が生じて生活が荒廃してしまうケースがあります。
暴力的な言動が多くなり、身だしなみを整えたり清潔に保つことが出来なくなることから近親者との同居が難しくなることが生活の荒廃に繋がります。

スポンサーリンク

統合失調症は医師によるカウンセリングや薬剤の投与によって症状を緩和させることが出来ますが、患者によって発症の原因が異なるので事前の入念な検査が不可欠です。
生活が荒廃するほどに症状が進んでいる場合は元の人格から大きくかけ離れた言動を取るケースが多いことから、医師だけではなく患者の親族による介助も求められます。
精神疾患は他の病気と異なり腫瘍や炎症などの明確な病巣が存在しないので、治療の経過に伴う症状の改善が分かりにくい傾向があります。
そのため、治療の効果が表面化しないことがストレスになり、精神状態が不安定になる可能性があります。
患者本人だけではなく親族の心身の負担も大きくなりやすいことから、治療スケジュールの調整は慎重に行うことが大切です。
統合失調症による人格の変容は患者に自覚が無いことが多いので、発症中の言動については当事者を責め立てず、症状の一つとして解釈することが治療の効果を向上させるために必要な心得になります。

スポンサーリンク