統合失調症 幼児化

統合失調症の症状と幼児化への対処について

スポンサーリンク

統合失調症は精神疾患の一種で、主に疲労やストレスの蓄積によって発症します。
統合失調症を患うと幻覚や幻聴に見舞われるようになり、重篤化すると他人への暴力や自傷行為を繰り返して生活を営むことが困難になります。
また、被害妄想を抱くようになるのも統合失調症の特徴の一つで、他者とのコミュニケーション能力が著しく低下する傾向があります。
映像や音声など外部からの情報を正確に受け取ることも難しくなり、判断力の低下で幼児化するケースもあります。
そのため、異常が生じたら速やかに適切な治療を受けさせることが大切です。
統合失調症は初期のうちは目立った症状が無いので気づきにくい他、高齢者の場合は認知症と誤解される可能性があります。
特に幼児化は認知症の重篤化や脳障害を疑われることが多いため、精神疾患に適した治療を受けるためには医療機関での入念な検査が不可欠です。
幼児化を伴う統合失調症は専門医でも判別が難しいので注意します。

スポンサーリンク

精神疾患が原因の幼児化は脳障害とは異なり、物事に対する認識力が低下しているので適切な治療を受けることで状態を改善させることが可能です。
また、知能の低下は生じていないので意思の疎通や自力での歩行も可能です。
その一方で精神疾患を発症した原因によっては治療に時間がかかることもあるので、患者の心身に負担をかけないように配慮する必要があります。
統合失調症は医療機関での治療だけではなく、親族による適切な介護も回復の重要な条件になります。
精神疾患は重篤化すると入浴や食事、睡眠などに重大な支障をきたすことがあります。
生活面に大きな障害が生じると回復が難しくなる他に体調不良に陥ってしまう問題があります。
そのため、清潔な環境を保ちながら健康面の問題を解消するように努める必要があります。
幼児化の症状によって異物を飲み込んだり、危険な物に触ろうとするケースもあるので常に安全確保に気を配ることも介護に必要な心得です。

スポンサーリンク