統合失調症 自己中心的

統合失調症が自己中心的になりやすい理由とは

スポンサーリンク

統合失調症を患っている方の多くは、自己中心的になりやすい傾向を持ち合わせています。
その事を理解するためには、統合失調症を患っている方と正常な方との違いについて押さえておく必要性があります。
私達人とは、様々な刺激を受けながら生活をしています。
様々な刺激が一度に、意識に集まれば、混乱をしてしまう可能性も高まります。
必要な情報と、不必要な情報を無意識に選択を行っているのが正常な人達なのです。
統合失調症を抱えている方の多くは、この選択のネジが緩く、様々な情報が意識に集まり易いと言われています。
自分自身の抱える情報であるため、自己中心的な性格になりやすいのです。
自己中心的に対する判断は、第三者から見た視点です。
統合失調症を抱えている方の多くは、第三者の視点に立って考える余裕が無く、自己中心的だと自覚をしていない事もよくあります。
情報を取捨選択出来にくいため、入って来る情報を遮断をして、第三者の視点に立つ考えに余裕がない姿もよく起きます。
そのため、疲れた様な素顔を見せる事もよくある話しなのです。

スポンサーリンク

統合失調症を抑えて、自己中心的な性格を緩和させる事は可能です。
ただし、何かしらの才能を発揮しているのであれば、その才能が失ってしまう可能性があります。
その才能とは、一般的な人よりも多くの情報を扱っている脳が、才能を開花させているかもしれないためです。
人は、主に二つのタイプに分かれる傾向にあると言われています。
一つは、世界の中で自分の存在を感じるタイプであり、外向的な人と呼ばれています。
もう一つは、自分の中に世界を感じるタイプであり、内向的な人と呼ばれています。
統合失調症を抱えている方は、内向的な人と呼べるかもしれません。
自己中心的で生活に支障をきたす場合は、医療機関に足を運ぶ事が望ましいでしょう。
一般的な正常な人達も、毎日、同じ様な症状を引き起こしています。
それは、理性が弱まって夢を見ている時と同じ様な姿です。
突然、見ている環境が変わったり様々な情報が夢に現れる事もあります。
この様な視点に立って考えれば、自己的な性格に対しても多少理解する事が出来るでしょう。

スポンサーリンク