統合失調症 理解されない

統合失調症が理解されない理由とその受け止め方

スポンサーリンク

統合失調症は、社会ではなかなか理解されない場合も少なくありません。
患者の家族や親しい人であれば理解に努めようとはしますが、それ以外の人からは難しいところがあります。
幻聴や幻覚が出てしまう症状でもあるので、現実とかけ離れた言動や行動から軽蔑されてしまうこともしばしば起きます。
統合失調症は昔は精神分裂病と呼ばれ、治りにくい病気として扱われてきました。
しかし、病気に対する意識を変えていく意味でも今の病名に変更され、今でこそだいぶん知られるようになったのです。
それでも理解されない場合も多く、遺伝や親の育て方が悪いと思う人もいます。
そのために本人やその家族は辛い目にあうかもしれませんが、理解されないのは全ての人に当てはまることではありません。
統合失調症がなぜ今の時代になっても完全に理解されないのかは、それは知識を多く持っていないためです。
中には全く無知な人も多く、発症する人自体が少数派であるために身近な問題として捉えていないからです。

スポンサーリンク

近年、統合失調症が知られるようになってきたのは、ネットを通じた情報公開やマスメディアからの取材、そして社会での受け入れ体制がしっかり整ってきた要因が影響しています。
ネットではブログで症状を訴える人も多く、医療機関などでも症状や治療法を分かりやすく紹介しています。
テレビや新聞でも昔と比べて数多くの事例が取材され、世間に報道してきました。
社会でも相談窓口を設けたりするなど、サポート体制も整ってくるようになってきたのです。
簡単に言えば統合失調症の情報は、実にオープンになってきました。
それまで無知であった人も原因や症状が理解できるようになり、差別意識も弱くなっていると思われます。
ただ、情報をまだ知らなかったり、根強い偏見を持つ人には理解されないこともおかしくありません。
いろいろな考え方が世の中にはあるのですから、全ての人に理解さしてもらわなくても問題はないです。
社会はここまで進んできましたし、味方になってくれる人もたくさん存在します。
味方になってくれる人が1人いるだけでも、患者自身の心の持ちようはずいんぶん違います。
理解されない人からの目は気にせず、ストレスのない生活を送っていくことが何より大事です。

スポンサーリンク