統合失調症 医師免許

統合失調症になると医師免許を剥奪されますか

スポンサーリンク

統合失調症という精神分野の病気に罹っている医師や医大生にとって重要なことは、症状が悪くならないよう寛解状態をキープすることです。
また年齢や過去の犯罪歴などの欠格事由に該当していなければ、臨床か基礎のどちらを選択することが出来ます。
統合失調症を患った状態で、急に状態が悪化した場合は法による規定があるため、精神上の障害で事由をコントロール出来ないため、医師免許を取得出来ません。
また、すでに医師免許を持っている者が自分の中では寛解を維持していると認識していても急激に症状が悪化してしまえば、心身の障害によって臨床が出来ないこともあります。
このように相対的事由を満たしている場合も医師免許剥奪の可能性が高まります。
これは、法的に制限された上で業務をを行うのならば、自分の健康管理を第一に考えることが重要です。
またこれから医師を目指しているなら、法律によってその条件を満たせば、臨床医か基礎医のどちらにするかを選択することが出来ます。

スポンサーリンク

このように統合失調症だからと言って、医師への道を諦めることはありません。
全ての障害が原因で、医師免許を剥奪されはしません。
ただし医療行為を行うかによって期間を定めて様子を観察した結果、残念ながら免許を剥奪される可能性もあります。
しかし、他者とコミュニケーションを取ることが出来て意思の疎通に問題がないなら医師として働き続けられます。
とは言ってもこのような例は非常に珍しいものです。
医師になれる状況だとしても自分自身も通院をし、医師、薬剤師、看護師など異なる業種の人が連携をしながら治療を進めてもらうことが大切です。
上記のように法的には臨床医にも基礎医にもなれますが、臨床だとかなりハードに働くので、体力が限界を迎え、統合失調症が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。
しかし、何よりも心配なことは患者さんから信頼を得られないことです。
どんなに軽い医療事故やミスでもそれらは全て病気のせいだと言われてしまいます。
そのような重責に耐えられないという医師の多くは、患者と直接接しない基礎に移行します。

スポンサーリンク