統合失調症 一人笑い

統合失調症における一人笑いの意味

スポンサーリンク

「統合失調症」と言いますと、一般の人にとりましては、余り聞き慣れない言葉かもしれません。
 これは最近になって、改めて改名された、心の病気の名称で、以前は「精神分裂病」と呼ばれていました。
 どちらにしましてもその名称だけでは、明確な判断はしづらいものですので、説明をしますと、それは思考や行動、そして自分の感情というものを、特定の目的のために統合してまとめる能力の低下を発症する病気で、時には幻覚や妄想といったものを引き起こす病気です。
 そのため周囲から見ますと、奇異に思われる言動や行動を見せる事が多々あります。
 その中でも「一人笑い」といったものは、周囲から見れば不気味に映る行動でしょう。
 しかしこうした「一人笑い」のような行動は、「統合失調症」から見れば、ある意味で自然な行動なのです。
 これはつまり、特に意味もない状態で、「笑う」、「怒る」、「泣く」といった感情的な表現を見せるという、まさに「統合失調症」ならではの行動だからです。

スポンサーリンク

 このように「統合失調症」は発症してしまいますと、余りに奇異とも思える行動をとってしまうために、社会生活を営む上で、何かと支障をきたしてしまうものであり、そのためにその程度が余りにひどくなりますと、結果的に入院治療をする事になったりします。
 そこまで行かなかったとしましても、そうした「一人笑い」のような行動は、見た人に得体の知れない不気味さを与えてしまうために、仮にその「統合失調症」が軽度なものであったとしましても、安易に考える事はできません。
 そのためもし「統合失調症」の発症というものが疑われましたら、一度は専門家の下を訪れて、受診をするべきでしょう。
 素人が安易に判断して放置していますと、それで自然に治るケースも無いわけではありませんが、場合によりましては、深刻な問題と化してしまう危険性もあるからです。
 むしろ意味もなく笑ってしまう「一人笑い」くらいであれば、まだ軽度な段階とも言えますので、こうした兆候を見逃してはならないのです。

スポンサーリンク