幻覚 幻聴 健常者との違い

統合失調症における幻覚や幻聴などの症状と健常者との違いについて

スポンサーリンク

【精神的な病】
統合失調症という病気がありますが、これは精神的な病の1つであり、若者からお年寄りまで発症する病気になってきます。
精神的な病ですので、精神的に関わりがある症状が出やすい特徴があり、それが健常者との違いになります。
主にあるのが、幻覚、幻聴、気力の低下になってきます。

 

 

本当はないものが目の前に現れたり、誰もいないのに人の声が聞こえたりとその人しか見えない聞こえない症状がでてきます。
これは、本人にしか分からない症状ですから、なかなか周りの人が理解しにくいともいえます。

 

 

ただ、本人にははっきりと見えたり、聞こえたりしますから頭の中が混乱して、ストレスもたまっていきます。

 

 

【何度も振り返る】
統合失調症の症状には幻覚症状が現れますが、人の影が見えたり、ものが見えたりしますから本人はどうしても気になってしまい、振り返ってしまいます。
他の人が何もいない何もないといっても、本人には無意識に見えてしまいますから、気になってしまう可能性が高いです。
これはあきらかに健常者との違いであり、健常者からすると、不思議な行動に見えてしまいますからすぐにおかしいと気づきます。

 

 

しかし、統合失調症になって幻覚を見ている人からすると、本当に見えている感覚ですから、見えている間は気になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【知らない人の声が聞こえてくる】
統合失調症の人と健常者との違いには、幻聴症状があり、本当は聞こえてこない声が聞こえてくる現象が起きます。
知らない人からの声の事も多く、声が聞こえている現象が起きている間は、どこから聞こえているのか気になったり、内容が本人が気になるものであれば頭が混乱してしまう可能性もあります。

 

 

もちろん、知らない人の声だけではなくて、身近な人の声が聞こえてくる可能性があります。
これは大きな健常者との違いであり、幻聴は統合失調症になっている間は頻繁に聞こえてくる可能性もあります。
統合失調症が治ってくると幻聴症状もなくなってきますが、病気が悪化している時は、特に幻聴が聞こえやすくなっています。

 

 

【幻聴と幻覚は同時に起こることも】
このように、健常者との違いには、幻覚や幻聴がありますが、この2つの症状が同時に起こってしまう可能性があります。
特に病気が悪化していると、知らない人が見えたり、声が聞こえたりというのが頻繁に起こって、幻聴や幻覚で苦しむ可能性があります。

 

 

また、健常者との違いとして気力の低下が起こる事があり、特に幻覚や幻聴の症状が悪化すると、出かけたくないという気持ちが出てきます。
このように、統合失調症は健常者との違いがいくつもある病気になってきます。

 

 

スポンサーリンク