統合失調症 幻聴 対応

統合失調症における幻聴への対応

スポンサーリンク

【統合失調症になる理由】
統合失調症になる原因はさまざまですが、うつ病だった人が何かのきっかけに発症する人もいるようです。
たとえばこんな例があります。

 

 

東京で一人暮らしをしていた女性で、うつ病により教員の仕事を辞めて、アパレルショップで短期のアルバイトをした方がいました。
そこでまるで何かにとりつかれたようになり、例えば、世界が流通している仕組みがわかったり、英語で何かものを書いたり、とにかく狂ったように頭が回転したと言います。
そこで記憶がとぎれ、気付いたら地元の病院に入院していたそうです。

 

 

【幻聴】
統合失調症と思われる症状を発症した女性は、「何者かにねらわれている」、「お金がとられるから貯金を全部おろしたい」と言っていたことから、幻聴が聞こえていたのだろうと考えられます。
頭が回転しすぎて、寝起きにははっきり幻聴が聞こえることがあるようです。
幻聴により眠れない人、幻聴なのか夢の中なのかの区別がわからなくなって苦しむ方もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【対応】
統合失調症になり幻聴などの症状が出てきた場合の対応としては、まず精神科に通うことです。
きちんとした対応を受ければ、仕事が出来るレベルまで回復できます。
精神科では、薬を処方されるので、それをきちんと服用するのが適切な対応法です。

 

 

治療の間は仲間がいると心強いものです。
最初は家にひきこもっていたという方も、家族や友人に対応してもらえることで、どんどん外に出られるようになっていくでしょう。

 

 

【統合失調症の幻聴に悩んだ際の対応】
統合失調症を発症すると、幻聴が聞こえたり体がすぐに疲れたりと、ものごとに集中してとりくむことが出来なくなっています。
しかし、体を動かしたり自分が好きなことに取り組んだりすることで、その時は症状がよくなり、明るくのびのびと、健常者と変わらないくらい元気になれるという方もいます。

 

 

統合失調症になって幻聴が聞こえたりすると、外に出るのが嫌になってふさぎ込んでしまうかもしれませんが、家でじっとしているだけでは症状はなかなか改善できません。
病院に通いつつ、積極的に外に出るなど、行動に起こすといった対応が大事です。

 

 

スポンサーリンク