ゾルピデム 副作用 幻覚

統合失調症の悩み、ゾルピデムの副作用で幻覚が見えることもある?

スポンサーリンク

統合失調症における幻聴や幻覚などの症状に悩まされる方もいると思います。
そうした中で、治療薬として薬を投与することもありますが、その薬によって副作用が起こることもあるのでしょうか?

 

【統合失調症とは?】
統合失失調症は幻聴や幻視など、実際に存在していないものを存在しているように感じる幻覚、周囲の状況を自分に関連付けてしまう妄想を主症状とした精神疾患です。
対応が遅れると家族や知人以外とのトラブルや、引きこもりや自傷行為などにつながる重大な病気です。

 

 

統合失調症の原因は明らかにされてはいません。
有力視されている説では脳内のドーパミンと言う物質が過剰に分泌される事で、幻聴などの幻覚症状や被害妄想などの妄想症状に関与していると言われています。
他にもストレスによって起こる説や、特定の栄養不足によって起こる説など様々な仮説が立てられています。

 

 

【統合失調症時に処方されるゾルピデム】
統合失調症で処方される薬の一つにゾルピデムがあります。
このゾルピデムとは、不安や緊張を取り除く作用がある薬です。
脳の神経を鎮める作業があり、快眠を誘ってくれるのが特徴です。

 

 

睡眠薬としても利用されているこのゾルピデムですが、副作用が心配な方もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【ゾルピデムの副作用とは?】
稀ではありますが、ゾルピデムを服用することによって、副作用として幻覚が見えることもあるようです。
しかし、幻覚が見えるという副作用の発症率はわずか0.1%以下。
つまり、ゾルピデムを飲んだからと言って、基本的には幻覚の副作用が発症することはないと考えていいでしょう。

 

 

【副作用に悩んだら医師に相談を】
ここで紹介したように、ゾルピデムは基本的に副作用が出ることはほとんどありませんが、まれに幻覚の症状が出ることもあります。
もし、ゾルピデムを服用中に幻覚などの副作用がみられたら、薬が体に合っていない可能性もあるため、一度担当の医師に相談してみると良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク