集団ストーカー 電磁波 統合失調症

統合失調症の特徴と集団ストーカーや電磁波などの妄想への対処

スポンサーリンク

統合失調症はかつては精神分裂病と称されていた精神疾患の一種で、患者は幻覚や幻聴などの症状に見舞われる特徴があります。
また、発症した初期のうちは記憶力があいまいになることが多いので、特に高齢者は認知症と誤解されてしまうケースがあります。
統合失調症の症状が進むと非現実的な妄想を口にするようになり、患者が社会生活を営むことが難しくなる傾向があります。
特に被害妄想が著しく強くなることが多く、家電製品や走行している車両から人体に害を及ぼす電磁波が発生されていると訴えることがあります。
統合失調症による被害妄想は流行や社会現象に左右されるのが特徴で、近年では正体がわからない何者かに集団ストーカーの被害を受けていると称する症状が増加しています。
電磁波や集団ストーカーなど、具体的な物証が無いにも関わらず自身が甚大な被害を被っていると主張するのが統合失調症に基づいた被害妄想の特徴ですが、患者によっては他者に訴えずに自身の胸中で妄想が膨れ上がり、自傷行為に至ることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

電磁波や集団ストーカーの被害を受けていると訴える統合失調症の患者に対しては医療機関による適切な治療が不可欠ですが、治療だけではなく患者への接し方にも細心の注意を払う必要があります。
被害妄想に囚われている人の言動を頭ごなしに否定すると却って自身の妄想を正当化させてしまう可能性がありますが、その一方で話を合わせても症状が進むことがあります。
患者の言動に対しては肯定も否定もせず、話を聞いている姿勢を示すことが余計な刺激を与えない対処法ですが、患者の性格や精神疾患になった経緯によって最善方法が異なるので素人判断は避け、医師の診断に従うように心がけます。
特に電磁波や集団ストーカーの被害を訴える妄想はどのように答えても自身の妄想が拡大する可能性があることから、症状が改善されるまで他者との接触が禁じられることもあります。
統合失調症は年齢や性別に関係無く誰でも発症する可能性がある精神疾患ですが、一般に過度の疲労やストレスを抱えている人ほど精神状態が不安定になる傾向があります。
また、精神疾患は古くから偏見や迷信の対象になっていますが、適切な治療を受けることで状態の改善が可能なので正しい認識を持つことが患者の近親者に求められる姿勢です。

スポンサーリンク