統合失調症 リハビリ 方法

統合失調症におけるリハビリの方法

スポンサーリンク

【統合失調症の理解について】
統合失調症という言葉をご存知でしょうか?昔は精神分裂症という病名で呼ばれていました。
まず、気合いだとか精神が弱いとかそういう話ではないことを知っておきましょう。
まず、脳内物質の分泌が健常な人とは違って異常なことになっているというものなのです。
残念ながら現代社会ではまだまだ理解の少ない方も多いと思いますし、知られていないことも多いのではないでしょうか?

 

【症状程度によって方法が変わってくる】
統合失調症と言っても、簡単なリハビリが必要なレベルからもう社会復帰も難しく、方法も無いようなレベルまで程度によって統合失調症も様々ですのでがあるので方法として、統合失調症の人が社会復帰する際はリハビリと薬剤療法が行われます。
重度の場合は精神科に入院という形を取られます。

 

スポンサーリンク

 

【軽度の場合と重度の場合の違いや方法】
まず軽度の場合、通院で済むことが多いです。
大体月に1回ほど同行者(主に親族の方)と一緒に統合失調症の患者さんと同行者の方が精神科医の人経過を伝えて、それにあったリハビリの方法や薬剤投薬の薬の種類を決めたりんなど、カウンセリングのようなことを行います。
基本たわいもない話の中から、精神科医が薬の内容も変えたり、リハビリの方法やお薬の指導も行うことが多いです。
軽度という基準として大体日常生活が一応送れる程度だと思ってください。

 

 

重度の場合だと大体入院という方法を余儀なくされます。
自分で薬を飲めなくなったりと日常生活がまともに送れなくなったり、子供がいる場合だとその子供にも被害が来るケースが多いです。
重度の統合失調症の患者の場合、親族や親戚が被害を訴えて統合失調症の患者を上手く言いくるめられる人にお願いしてなんとか連れてくるケースが多いです。
特に幻覚が見えたり、頭の中でずっと音が響いてるなど様々な症状が出てきますので、とにかく叫んでいたりしていることが多いです。
リハビリやお薬の管理は病院内の看護師の人は入院中に行っている場合が多いです。

 

 

【誰にでも起こりうる病気】
軽度の統合失調症の方は病名を隠しながらリハビリや投薬を行いながら治療という方法を取りながら社会復帰していたり、既に働きながら社会生活を営んでいることが多いです。
その一方で、重度になるまで放置していて入院を余儀なくされ、リハビリすら危うい状況の方も居らっしゃいます。
どんなきっかけで起こりうるか分からないし、この病気は完治する方法というものがない上に一生付き合わなければいけない病気です。
現代はストレスや人間関係、家族の過干渉、虐待など、色んなきっかけで簡単になってしまい誰しもがなりうる病気でもあるのです。

 

 

スポンサーリンク