統合失調症 幻聴 原因 高齢者

高齢者における統合失調症の幻聴、その原因は?

スポンサーリンク

【統合失調症の種類】
統合失調症には陽性症状と陰性症状があります。
陽性症状の場合は、幻覚・幻聴・妄想症状が如実に出てくるため、服薬を行う必要があります。
陰性症状は、基本的には、思考の平常化、自閉的な症状が現れてきます。
統合失調症状の場合感情のコントロールが出来なくなることもあります。
高齢者と若年者では統合失調症の傾向が異なります。
なぜ異なるか原因は不明ですか、高齢者・若年者共に発病する原因は脳の働きを上手くコントロールすることが出来なくなることで行るといわれています。

 

 

【若年者における発病】
統合失調症は主に若年者に多く発病します。
10代後半から20代前半にかけて発病が多くでてくる病気です。
この時期に発病が多い原因はわかりませんが、環境の変化などに左右される事があるようです。
若年者の場合は、破瓜型の統合失調・妄想型の統合失調症など種類が様々で、陽性症状と陰性症状が同時か前後して発病することがあります。
症状によっては予後が悪かったり良かったりします。
統合失調が発病した場合は発病した原因を探すのではなく、服薬等により回復することを第一にしてください。

 

スポンサーリンク

 

【高齢者における発病】
高齢者における統合失調症は主に、幻覚・幻聴などの陽性反応が主に出てくるといわれています。
高齢者の場合、認知症の可能性もある為判断が難しくますが、認知症がなく、幻聴・幻覚が聞こえる場合などが当てはまります。
特に高齢者の場合は、幻聴が多く現われる傾向があります。
幻聴により、取り乱してしまうことも多々あるのです。
幻聴は苦しいのです。
聞きたくないことが聞こえてくることも多々あるようです。
それにより不明なことを話したりすることがあるのです。
高齢者の場合は、陰性症状が比較的に出ない傾向があります。
自閉症的(閉じこもってしまったりする事)な病状や思考障害(まとまった考えが出来なかったりする)は出ることは少ないです。
原因を突き止めるのではなく、病気を理解することで対応してみてください。

 

 

【統合失調症の支援方法】
高齢者の場合は、上記の通り、陽性症状が多くあらわれる傾向がある為、支援者は統合失調症の特性を理解しておくことが重要になります。
原因がわからない事を話しているからと言ってそれを否定するのではなく受け止めてあげる事が必要です。
幻聴・幻覚・原因が不明な言動も含めて他の方には原因がわかりませんが本人は本当に聞こえていたり、思っている事でありすべて病気が関係している事を理解してあげてください。
幻聴・幻覚によって苦しんでいるのだと理解することで、高齢者の統合失調者を理解してあげることが出来ると思います。

 

 

スポンサーリンク