老人 被害妄想 対処

老人に起こる被害妄想、その対処法は?

スポンサーリンク

【認知症の特性】
現在日本は高齢化社会を迎えており、4人に1人が高齢者になっています。
日本は老人大国になっているのです。
そんな中、認知症の人の割合もかなり多くなっています。
認知症は老人に多い病気で見当識障害(時間・場所がわからない)や徘徊、被害妄想が出てきて怒りっぽくなったりと人格の変容も起こりうる病気です。
認知症が出てきたときには、その病状に合わせた対処が必要になってきます。

 

 

【統合失調証の症状】
統合失調症は100人に1がなる病気と言われています。
主に若年期(10代後半から20代前半)に発病することが多いといわれていますが、老人でも発病する事があります。
統合失調症は被害妄想・幻聴等が起こり日常生活を送れなくなることが多く、陰性症状として自閉症的な病状を発病することがあります。
人によって統合失調症の種類が異なる為、その病状によって対処が必要になるのです。

 

スポンサーリンク

 

【老人期における認知症と統合失調症】
高齢になると統合失調症か認知症であるかの区別が難しく、またそれにあった対処をしなくてはいけません。
認知症も統合失調症も被害妄想が出てくることが多く、特に隣人や近場の人に対して向けられる妄想が出てきます。
そうなると家族などでは対処が難しくなりケースが多いいです。
となりの人が部屋に入ってくるなどかなり具体的な被害妄想であることも共通点です。

 

 

認知症の被害妄想で多いのが物を取られたといったようなことが多く、それも家族にむけられる為、一人の人だけではなく家族全員で対応していかなければいけません。
被害妄想が出てきたときの対処方法を誤ってしまうとその後の支援がしずらくなってしまうことがある為、対処方法を家族全員で決めておくことが良いと思います。

 

 

【認知症と統合失調症の対処方法】
老人の認知症も統合失調症共通して起きる現象の中で上記で上げた被害妄想が共通点になっています。
老人では統合失調症の場合は、服薬管理によって被害妄想等の病状が収まることがあります。
老人の統合失調症は統合失調症の陰性反応(自閉・感情の平等化)が起きずらい為です。
認知症の場合は薬だけでは対処が難しい事があります。
まずは、老人特有の病気である認知症・統合失調症を専門家からのアドバイスにより知り、専門家を交えたカンファレンス等を開きその人にあった対処方法を学ぶことが大切になってくるのです。

 

 

スポンサーリンク