高齢者 被害妄想 治療

高齢者における統合失調症の被害妄想の症状、治療法は?

スポンサーリンク

【統合失調症の症状】
統合失調症の症状には陽性症状と陰性症状があります。
陽性症状は主に、幻聴・被害妄想等が出現し時には感情が高ぶり暴力行為等を行うこともあります。
陰性症状とは、主に自閉症城や感情の平等化といい、物事をうまく考えられなくなってしまう症状が出てくる事があります。
人によって出てくる症状が異なり、陽性症状・陰性症状により治療の方法も異なります。

 

 

【高齢者の統合失調症】
統合失調症は主に若年に発病する事が多いのですが、まれに高齢者が発病することもあります。
そうした場合主には、陽性反応が如実に現れ、被害妄想が出てくることが多いです。
高齢者の被害妄想の場合は、被害妄想の内容が具体的であるため、全く意味不明な事を話す事は少ないです。
高齢者の場合はみじかな身内なのに被害妄想の対象が行くことも多いのが特徴です。

 

スポンサーリンク

 

【統合失調症の治療方法】
統合失調症で重要なのは服薬によりその人にあった服薬を管理を行うことです。
治療を継続して、薬の調整が整えば、被害妄想等の陽性症状はかなり抑えられて行きます。
その後は日常生活を行うための治療を行なって行きます。
デイケア・障害者作業所等で適切なケアを受けることで、徐々に社会生活を送れるように支援して行きます。
その後、一般的な生活が送れるようになることが多いです。
ただ、統合失調症の治療で一番大切なのが、服薬を継続して行くです。
統合失調症の治療は永遠に続くのです。

 

 

【高齢者における統合失調症の治療と支援方法】
高齢者における統合失調症の治療も服薬管理がメインになりますが、それ以外に家族の支援も必要になります。
被害妄想が家族に向かう事が多い為、高齢者の自身の病状をしっかり把握して、どのような方法はが一番あっているのか関係者で協議して行く必要があります。
家族と支援者が一緒になり、症状の改善に向けて取り組んでいくのです。
高齢者の場合は、認知症と統合失調症が併発して出てくることもあるので、どちらの症状がメインで発症しているのか確認してください。
その方にあった治療を家族も含めて行なって行く事が肝心になって行きます。

 

 

スポンサーリンク