統合失調症 話し方 特徴

統合失調症の人の特徴的な話し方

スポンサーリンク

統合失調症の人の特徴として挙げられるのが、話し方に違和感を感じることです。
どのような違和感があるのかというと、1つの話しから次から次へと話題が飛ぶ、話しが脱線する、要点が分からない、何度も同じ話しを繰り返すなどです。
話しを聞いている人にとってはどう話しを合わせていいか分からず、戸惑ってしまう場合もあります。
本人は気づいていない場合も珍しくなく、初対面の人には特に緊張して言葉が出なかったり、会話のキャッチボールをするのが苦手になってしまいます。
どうして統合失調症になってしまうと、このような特徴のある話し方をしてしまうのでしょうか。
統合失調症は幻聴や幻想が出てしまう症状があり、現実と非現実の区別がつかなくなってしまうので混乱してしまいます。
それが話し方としてあらわれるようになるので、特徴的な症状として周りも疑いを持たなければいけません。
初対面の人であればこの人はこういう人なんだと思ってしまうかもしれませんが、それまで付き合いのある人や家族であれば、以前との違いに違和感を感じてしまうはずです。

スポンサーリンク

この特徴的な話し方を続けていくと、会話の相手が戸惑っている様子や、会話が上手くかみ合わないことに気付くようになります。
そのせいで会話が上手くできるように余計に意識してしまうので、さらにギクシャクした話し方になってしまいます。
しまいには、人を避けるような行動に出てしまう場合も少なくありません。
こういった悩みから孤立してしまう人は多く、悪化すると引きこもりになってしまうようにもなります。
統合失調症の人の話し方は、必ずしもその症状だけが原因とは限りません。
他の精神疾患を併発している場合も多いので、その可能性も疑う必要があります。
そして、周囲もなるべく理解をして、会話に合わせていくようにすると本人も安心します。
会話がぎこちなくても相槌を打ったり、話しに同調したり、話しに興味を持って聞いていく姿勢が理想的な対処法です。
結果的に本人に自信を与えていくことになるので、家族や親しい人であれば本人を孤立させずに会話をしていくようにするのが大事です。
孤立をしてしまうとさらに人との会話が難しくなってしまうので、コミュニケーションを避けるのはよくありません。

スポンサーリンク